lightbox

2013年1月10日木曜日

技発動率アップの配置について(完結)

黒影忍術士気高揚といった技発動率アップについて、配置替えをして試してみました。
以前、書いた内容は先鋒に置いた時の影響でしたが、今回は中堅と大将に置いた時についてまとめます。

 ○鬼武者Soulメモ - 技の発動率検証(Googleドキュメント)
  →画像じゃなくて全データ確認したい人向けです。


中堅配置
大将配置


■中堅配置 結果

緑字が200戦中に発動した確率なので、先鋒・次鋒は本来の発動率と変わらないことがわかります。そして、黒影忍術の影響を受ける副将は今回も発動率が約12%アップしました。

戦闘開始時スキルの発動率アップを考えたら先鋒に置いた方がよさそうです。


■大将配置 結果

今回、中堅の発動率に偏りが出てしまいましたが、多めにみてもらって次鋒・中堅と±5%と誤差の範囲としましょう。(録画したものを再度見直しても三本乃矢の発動率が良かったです)

そして、副将の技が本来の発動率と同じになりました。
先鋒配置・中堅配置のときでは約12%アップされていたけれど、今回は影響を受けなかったことがわかります。

大将の忍術は、知略トリガーですので知略負けして本来の発動率より低くなってます。


■まとめ

それぞれ200戦ずつの結果ですが、100戦目200戦目で確認した感じだと同じ結果なので十分データとれてるのかなっと思います。もう少し金銭に余裕ができたら回数増やしてみます。

一旦、これで終了。
前から調べてくれてた人もいたのに、疑ってごめんなさい。


技の発動率を上げるスキルは先鋒に置くべし!(戦闘開始時のスキルに影響するため)

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(週間)