lightbox

2013年1月15日火曜日

Discover Japan2013年2月号(武士道)を読んでみた

去年は一年を通して戦国時代を題材としたゲームで遊ぶことが多く、歴史物に興味が湧いていたところこの雑誌と出会いました。

特に、買って読もうと思わせたのは武士道の特集。
第二特集の忍者と、付録でついてくる戦国武将名鑑も知識ゼロの人間にとっては嬉しい情報です。

■雑誌「Discover Japan」

まず、雑誌はタイトルのまま日本再発見をテーマに様々な日本文化について書かれています。
今月は武士道でしたが、再来月は歌舞伎入門と面白そう。雑誌は隔月の発刊です。

特集に関することを様々な角度から紹介しており、ボリュームがあるのでかなり満足感があります。

まだ軽く目を通しただけですが、武士道の解説だけでなく後半の関連情報がお気に入り。
個人的には、日本刀観光スポットに目がとまりました。

■新渡戸稲造の武士道

日本人なら誰でも知っているはず、旧5000円札でお馴染みでした「新渡戸稲造」。
その著作である「武士道」は有名だが、正確な内容を把握できてる人は少ないと思う。

読みたいと思った時もありました、映画「ラストサムライ」が公開された時です。
その当時、各メディア紹介していたので、その知識だけで満足してしまったのでしょう。

今回も雑誌の特集だけでも十分でしたが、良い機会なので読んでみようと思います。

現代語訳 武士道 (ちくま新書)
難しそうな本のイメージもあって読破する自信が無く、解説付きで読みやすいということから雑誌と一緒に購読したのが『現代語訳 武士道 (ちくま新書)』。
他の文庫本よりは数百円値が上がるけど、ちゃんと理解できるなら安いものです。

■雑誌購入について

出版社から直接オンラインショッピングできる場合だと在庫が残ってたりします。

雑誌なんていつでも買えると思っていたら本屋さんにもAmazonでも品切れになっていて買えなかった経験があったので、一応リンクも載せておきます

 ⇒ エイ出版社オンラインショッピング

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(週間)