lightbox

2013年2月2日土曜日

攻城戦用メモ その1

今更ではありますが、今日は流流話術のクリスマス武将について。

対策を考える上で前提知識として自分用のメモです。(見に来てくれる人が増えて私ビビってます)
間違ったことも書くので訂正してください、あと既に対策がある人は教えてください。
攻城戦は、部隊スキル、官位ボーナスの影響が無い
※(訂正)埋め火は50%、ちなみに正月固有は55%
少し前まで、生存執着が使えるよ!って思いこんでました。
信じて移植して使ってくてれた人には申し訳ないと思います。

 1.攻城戦の流れ<カンスト値>
 2.クリスマス武将の代わりはいるもの
 3.注目してる技

■攻城戦の流れ<カンスト値>

カンスト状態での流流クリスマス武将の流れを確認してみましょう。(※画像参照)
自分は、兵書に関して発動率90%で攻撃が35%上昇するものを使っています。
接戦ボーナスなどを狙う場合発動率70%なども使います。

カンスト同士の戦いを計算してみたら、防御側は兵書使っても防御トリガーの技が使えない。
(※自分の防御が相手の防御より高い場合発動する技のことを言ってます)
 →むしろ相手に負けてる場合、発動する「悲光」なら使えるが微妙です。

G4に防御アップ系「逆茂木」の最終進化形「埋め火」を使ってみても、相手の攻撃力に届かない。
防御兵書は、発動率90%で防御が70%上昇するものを使ってますが、それでも弱いという現実。

これで、防御アップ系の技だけでは勝てないという確認ができました。
あとはステータス入れ替え系知略トリガー系のスキルに頼るしかなさそうだ。

■クリスマス武将の代わりはいるもの

完封デッキが流行ってるように、相手が技を使えないようにしてしまうのが一番強いです。
流流クリスマスが強いのは画像を見ても分かるように、3つの要素が含まれているから。
 ・相手の防御力ダウン
 ・自身の攻撃力アップ
 ・自身の知略アップ

防御系スキルの大半が、相手の防御力より高い場合発動する。次に、知略系トリガーの技も同様の理由で封じられる確率が高いです。

今の所、攻撃兵書を使う流れですが、そのうち攻撃も防御も知略兵書使った方がいいという流れになれば、知略トリガー系の防御ダウン系と攻撃力アップ系の武将でも良さそうですね。

■注目してる技

下記の内容により、クリスマス武将以外で使えそうな武将を探してみると人陣営だと山内一豊さん

攻撃側だけは陣営を揃えた方がいいので、鬼や幻魔陣営の方は他の子を探してみてください。

知略上昇は兵書で補うとして、イベントシナリオの鬼武者クエスト(雪姫)で貰える非情なる忍者がもらえるので1枚確保しておいても良さそう。
【極】で110%上昇になるそうです。
今使えない固有技も運営次第、ちゃんと大事に保管しておきましょうか。


2 件のコメント:

  1. 防御カンスト正月武将に70%発動90%防御アップの兵法書付けると勝てますよ~。一番いいのは寺子屋から出る瑞典ですけど。(95%発動100%UP)

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      最後は兵書の差で勝敗が決まってしまう感じですかね。

      削除

人気の投稿(週間)