lightbox

2016年1月8日金曜日

基本デッキの卒業に向けて初めてのカード作成

脱初心者デッキ!低コストメックメイジへの道


3日目は、ナクスラーマスの1区画解放は失敗だったと反省。初期カード中心のデッキに限界を感じたため低コストMechメイジというのを目指すことにした。

検索する限り、色々なメックメイジがあるわけで一番コスパが優れる最速で完成するデッキは2chテンプレに載ってるデッキっぽい。一から作成する場合は合計で摩素が800必要とのこと。パック開封で考えると20パック必要。

Excelで一覧を作成しました(画像)

パックセットのグループで見るとクラシック系はクラフト作成してパック購入はGvGを優先した方がデッキ完成しやすいのがわかる。

特に、中立の刈入れゴーレムアジュア・ドレイクは様々なデッキに入れておきたいカードなので、さっさと作ってしまおうというのが3日目の流れ。


カード分解、作成の流れ

【参考文献サイト】 … 優先度の高いカードの調べ方


とくに1番目の「最初にクラフトするカード」ページを見て、アジュア・ドレイク刈入れゴーレムを作成しようと考えた。分解するにあたって、2番目の「カードのクラフト・ランキング」がとても役に立ちます。


雄叫びの効果、初心者でもわかる。扱いづらいカードなのでゴミ!
ユニーククエストなどで手に入ったパックから、「絶対使わないわ。」をどんどん分解して180以上の摩素を確保し目的のカードを作成していきます。

いつかは2枚運用したいものです。今回は1枚のみ

バニラと変わらないステータスに便利な召喚系の断末魔。強い!

クラフトも経験できて着々と脱初心者への道を歩んでおります。次は、この2種類をどう組みこむかだ、作ったからには使いたい。


なんちゃってデッキアレンジ

トランプ先生のメイジ(Lv10)ベーシックデッキをいじりましょう。報酬で貰ったパックからは、魔法使いの弟子が1枚に鉄嘴のフクロウが1枚を手に入れてあったので一緒に組み込むことにしました。

完成度の高いデッキを崩すのが勿体ないのですが、自分なりにアレンジしていくのが大切。と言いつつもマナコストが同じになるように変更しただけなので使い勝手は変わりません。




鉄嘴のフクロウさんは、1枚だけでも呪文カードのような運用でヒツジかフクロウかを使い分けれるようになって強カードへの対処しやすくなって便利。このままメックメイジでもお世話になろうと思います。

魔法使いの弟子は序盤から呪文カードがなくても活躍できるし、アジュア・ドレイクは中盤以降にファイアボール等の威力を重視したい場面で相手にプレッシャー与えれるし良いですね。これは余裕ができたら2枚欲しい。



残りの収集リストはこんな感じ。カードパックは約14枚分と約2週間ほど。

ここから、新しいカードのメカ系いれるとしたら手動操縦のシュレッダー骨董品のヒールロボあたりが揃ってからになるのかな。ヒーローを回復する手段が欲しい場面って多いのよね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(週間)