lightbox

2016年1月10日日曜日

【Hearthstone プレイ6日目】 その2 - 基本デッキにメカシャーマン

初心者の基本カード+メカカードでシャーマンプレイ

メカカードが増えてきて、メカシャーマンらしくなった初心者の基本デッキ。枚数不足で代用が多くゴチャゴチャしてるのが無課金プレイの証。


昨日までの中半端なデッキに、メカワーパーと手動操縦のシュレッダー、そして回転式ザップが追加され早い展開が可能になったため、ファイア・エレメンタルは解雇。6ターン目には勝敗がはっきりするようになりました。

必須カードのライトニングストームを持ってなくて相手ミニオンの除去で苦戦。そのため、たまたま持ってたパワーメイス1枚がすごく便利、使い終わったらメカカードのバフにもなりますしね。そして、代用品に疾風と考えてて、とにかくミニオン出して相手のヒーロー殴ることに専念しつつ相手のうっとしいミニオンも2回攻撃中に撃破か相打ち。

理想は5ターン目の血の渇きフィニッシュ。高火力になったフロストウルフの将軍を出すとたいていの人は諦めてくれる。あくまで5ターン、6ターン目の展開です。

見事だなの勝ちパターン

(カジュアル戦)

メカワーパーからの刈入れゴーレム、手動操縦のシュレッダー。そして、回転式ザップと呪われた蜘蛛を召喚後に迎えた5ターン目の様子。手元には血の渇きがある、計算するのじゃ!

画像に書き込んだ通りに、綺麗に決まると心ウキウキ。調子乗った後は連敗が待ち構えてるいるのが、お約束。




失策であったかの相手さん

(ランク19のランク戦)

今回は血の渇きがなく、捨て身の通常殴りで相手の出方次第の状況。何も考えずに殴ってターン終了ボタン押した直後に「やっちまった」と思いましたね。そうだ相手は同じシャーマンで自分と同じスタイルかもしれないという。

案の定、血の渇きを使われた…が、しのいで見せた。そのカードしか使えるのが無かったからか、相手の人は延命処置に使ったみたいです。そこまで体力削られてたら逆転不可能なのにね。

って偉そうなことは言えない。今回は耐えれたが、完全に油断してて負けてたかもしれないから。

他にはライトニングボルトやフロストショックといったコスト1でダメージを与えれるスペルカードの存在もある



駄目なパターン

(ランク19のランク戦)

お互いでミニオンを処理しつつ殴り合い。その時点で、もう相手のペースであった。
シャーマンの1枚で2体召喚できるカードが強いんだなって思う瞬間である。野獣の精霊とタスカーのトーテム師あたりは指を咥えて見ることしかできないよ。メカワーパー中心のメカデッキじゃない場合は、その2枚を中心にミニオンの数を稼ぐんでしょうね。

ちなみに、この後のターンではタスカーのトーテム師を召喚されてお供にトーテム・ゴーレムでしたので敗北宣言。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(週間)