lightbox

2016年4月24日日曜日

やっぱり発見カードって面白い

【Hearthstone プレイ111日目】


 ランク戦のほうはランク8で数回勝てた後、連敗が続くようになりランク10まで落ちた。週末は上手い人が多いのか、レジェンドに上がれなかったゴールドヒーローたちが憂さ晴らしに初心者いじめを始める頃なのかもしれない。(愚痴)

こちらも気分転換を兼ねてスタン落ち前の最後の別れと言わんばかりにメックメイジでプレイ。遊び方を忘れてしまったのかマリガンが悪いのか分からないままランク14まで一直線。一番多い敗因は、マナを使い切ることに意識がいって手札を切らすことが多かったこと。この数か月、何も成長していなかった

メックメイジのデッキ

手札が切れにくいといえば、ドローも大事だけどゴリラロボのような発見がいいよね。ってことで、他の人のデッキを参考にしよう。アントニダス先生は持ってないから、レジェンドカードはドクターブームロウゼブまでのデッキに絞って良さそうなのを探した。

(S24) Legend Mech Mage
http://www.hearthpwn.com/decks/410517-s24-legend-mech-mage

イセリアルの召術師も1枚入っている。実際にランク戦の中で、この1枚に助けられた場面があるので使えることはまちがいない。「発見」はランダム性の中にも自分でチョイスできる分、使い勝手が良いし戦術の幅が広がる。

ゴリラにイセリアルの「発見」のおかげで、単純なプレイングしかできなくても簡単に相手の裏をかくことができた。ランク14→10まで復活。

左がプレイ開始1か月で作ったメックメイジ、右が参考にしたデッキ

秘策入りメックメイジもいくつか試したものの難しく感じた。メックメイジの秘策は鏡の住民だとバレやすくて役に立たない捨て駒を押し付けられることが多く有利になった試しがない。序盤からミニオンを展開して戦う方が単純明快でカードゲーム初心者には優しいのである。


発見ハンターのデッキ

探検同盟(LoE)で手に入るカードを眺めていると中立にある「発見」持ちがスカラベ墓守蜘蛛と獣だということに気づく。たいていの人はハンターの獣シナジーで、面白いことができそうだと考えると思う。自分も何度か試したがイマイチだった。やはりレジェンドでプレイするような上手い人たちのデッキを参考にするべきなのだ。

今月は、ハンターデッキで評価が上がってるDiscovery Hunterがあったから足りないカードは代用して遊んでいた。コツコツとパック開封にアドベンチャー解放しておくと、少ない資産ながらに色々と自分でデッキが組めるようになり楽しい。(無課金縛りプレイだと3か月ぐらいはかかるね。)

TheJordude's Discover Hunter
http://www.hearthpwn.com/decks/456515-top-100-legend-70-wr-thejordudes-discover-hunter

 獣シナジーに加えて発見を活用したミッドレンジのハンター。スカラベからは殺しの命令を量産できる可能性がある点で、ウォーロックの売人と同じ。ウェブスピナー羊飼育者もランダムな獣ミニオンが手に入る。運勢を占うデッキだと言ってしまえばそれまでだが、手札が回ると手が付けれない。まず、自分も相手も予想できないことが起きる面白いデッキなのだ。


カード資産のない人が見よう見まねで組んだもの

勝ちにこだわらなければ気軽に遊べる。サバンナ・ハイメインも1回のゲームの中で4枚手に入ったことがあった。プリーストの埋葬とのいたちごっこに勝てる!3枚目、4枚目と次々にサバンナ・ハイメインを出してやったら相手のプリーストは爆発した!!


この後はメイジの鏡の住民でコピーされたハイメインを無視して痛い目に合い自滅しました。サバンナ・ハイメインを多く所持してるからと言って勝てるわけがない。下手くそな証拠。

きっと上手い人が使うと、戦局を読んだ「発見」をしてボードコントロールとか凄そうだなと想像できる。あとで参考になりそう動画を探してみようと思う。とりあえず、今日はおしまい。


クトゥーンまで残り三日。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(週間)