lightbox

2017年1月18日水曜日

力場ドロシーが難しかったのでアグロドロシー試してみた

 先週、コントロールヴァンパイアで遊んでたから、そろそろ違うデッキで遊ぼうと思いまして力場ドロシーに挑戦。以前から力場ウィッチで遊んでたからドロシーと組み合わせたら面白そうと試しているのだけれど、本当に難しいわ。



日曜日、数時間でMP2000 → 0まで下がりました。

先月、力場ウィッチで遊んでた意地を見せようと奮闘するも、数回しか勝てなかった。基本、負け試合で悲しいことになった。




力場ドロシーの凄いところ


 力場さえ出せれば一撃必殺なOTKを狙えるようにもなった。鋼の魔術師さんが疾走フォロワーなうえにスペルブーストでコストが下がる。ルーンの貫きも1コストで相手リーダーの体力まで削れる。手札が切れてもドロシーで補充することもできる!運命の導きの0コスト連打もしやすい。

こんな条件で回せれば、本当に強い。強かった。しかし、現実は厳しい。

ドロシーを含めてアグロ系の展開力に力場を出す余裕がなく、コントロール系に対して力場を出せばオーディンやバハムートで処理される。

理想は7ターン前後で決めたいが、そこまでうまく手札が回らないのだよ。

タイムレスを採用してエルフを含めたアグロ系の対抗手段に…微妙だった。

こちらは攻撃的に攻め重視だと思ったが、はじめの1~3ターン目展開に躓くと防戦一方でうまくいかなかった。

序盤の展開で躓かないようにペンギンや2コストのフォロワーも増やしてみたものの今度はスペルブーストが遅くなって力場を置いてもそのあとの爆発力が不足して押し切られたりと、どうしようもなかった。





8ターン目に疾走フォロワーからの18点ダメージ


相手がセラフビショップで守りに徹してたこともあって、力場を置く余裕もあってレヴィで進化だけして紅蓮の魔術を数枚ゲットして迎えた8ターン目に鋼の魔術師(進化)からのスペル連打で18点ダメを実際にやれた。相手はちゃんと警戒して守護も並べてたけどね、こちらはウィッチなので除去は簡単なのですよ。

相手がドロシーウィッチとかになると詰むけど、スペルブーストや手札を整理する余裕を与えてくれる相手に強いね。ただし、オーディンやバハムートによるアミュレット破壊もあるので時間に余裕はない。

(感動してリプレイを録画するほど、スクリーンショットは取り忘れた。キャプチャーすればいいんだけど面倒だった。連敗中でも、すごい逆転ができたりするからMP0になるまで辞めれない中毒性がある。)


画像は対アグロヴァンプ。相手はこちらのフォロワー無視して顔面に専念してたことが敗因ですね。除去と紅蓮の魔術生産のためのレヴィ2体だったが、このまま力場を使ってリーサルを迎えることになるとは思わなかった。


力場を抜いたアグロ系で攻めてみた

 日曜日はMPが0になって、さすがに疲れとショックで寝込んだ。

そして、月曜日は反省してデッキを調整することにした結果、魔導の力場を諦めた。序盤の展開力で涙したのでゴブリンを採用。レヴィ進化からの除去と紅蓮の魔術生産がとくにかく強いからミニゴブでサーチ。同様に、紅蓮の魔術のためのディザスターウィッチさん1枚採用でフィニッシャー枠。

魔導の力場を使ってバフするより、魔法の研磨で直接強化すればいいじゃんと思って、下の画像のデッキになった。

相手が超越ウィッチだったなら、序盤からゴブリンや研磨で顔面殴りで体力を削り、中盤は直接スペルダメージで押し切る。

しかし、ここでもドロシーウィッチが立ちはだかる。序盤はこちらが優勢だが、ドロシー前後の展開では純ドロシーが強い。並べるフォロワーの質、物量で逆転されるのです。こちらの鋼の魔術師やスペルで相手より勝る展開もあったけれど7連勝はならず、ドロシー連戦の末で負けた。

純ドロシーにも安定して勝てるようなアグロ特化もぼちぼち、試してみたいですね。





0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(週間)