lightbox

2017年1月21日土曜日

潜伏ロイヤルをはじめた

 旋風刃を活用してドロシー討伐を目指して潜伏ロイヤルを組んでみた。

実際は、盗賊の極意を置いてるうちにフォロワーを展開されて殴り倒されたりとドロシーにやられる結果となったが、エルフ相手には潜伏解除からの再潜伏など変則的な攻撃を繰り出し翻弄することで相手のリーサル計算を狂わして連勝することができた。

なんとなく潜伏ロイヤルがわかってきたのでログで記録つけつつ、ランクマ潜って見ようと思います。

ランクマで連勝!ネタデッキとは言わせない!!


エルフ連戦に対して連勝と好感触

よく見たらウィッチとエルフしかいない。漏らさずログ記入してこれ。

 寝る前OTKドラゴンに1勝した後、今日はログで戦績を付け見た結果、好成績。結局、ドロシーに連敗してしまいました。

ドロシー戦、相手も警戒してる旋風刃を潜伏から繰り出せるかどうか。旋風刃をマリガンでキープしたところで潜伏フォロワーを場に出せないと意味がないし難しいですね。


構築デッキ

序盤に潜伏フォロワー展開、盗賊の極意で強化して育成できれば勝ちが見えてくる。中盤、闇を纏う暗殺者で潜伏を出し入れして相手リーダーの体力を削ることができれば、アルベールやアルビダの疾走フォロワーと共にリーサルを迎えるだけ。

苦手な相手はアグロヴァンプとかアグロデッキ。がんがん攻められるとどうしようもない。旋風刃使えるタイミングでは相手のリーサルが見えてることが多い。勝つ時はテクニカルな感じでカッコイイけど、負けるときは「何やってんですか?」と笑われてそうなぐらいにかっこ悪い負け方をする、そんなデッキ。

守護フォロワー少ない分スペルで守るしかないのが弱点

最前線

…ピン挿し。この1枚が意外といい仕事することがある。潜伏にこだわらず+1強化してくれるので相手も場に出たフォロワーを無視できなくなる。もちろん、盗賊の極意とも併用して使える。


ウリエル

…1枚。2枚で運用していたが、盗賊の極意にこだわるとアグロデッキを相手にしたとき簡単に倒されるので保険の意味で1枚。最前線を引いてくることもあるけれど、使いやすいので結果オーライの時もある。サーチカードなのでデッキ圧縮としても良し。


ニンジャアーツ

…3コスで4点ダメージと優秀。9ターン目のアルベールに備えてニンジャマスターを場に出すという使い方もある。もちろん、ニンジャマスターでリーサルを狙える。


闇を纏う暗殺者

…盗賊の極意より一番重要なカード。潜伏解除からの再潜伏って相手からすると相当なストレス。



潜伏ロイヤルの基本(メモ書き)

 文字で説明するのが苦手なので画像をクリック。
知っておきたい潜伏ロイヤルならではの動き。




実践での流れ(ランクマ)スクリーンショット




上で紹介した潜伏旋風刃の流れ。ニンジャエッグで相手リーダーを削ったら、闇を纏う暗殺者で再び潜伏。そしたら、相手はゲイザーを場に出して進化で暗殺者を処理したものの体力が3になりました。旋風刃のチャンスです!

次のターン、相手はドロシーを場に出すも他に出せるフォロワーいませんでした。こちらはツバキを出して簡単に処理でき3体の潜伏フォロワーを強化。そのままリーサル圏内になり相手はリタイヤ。




相手が秘術なら6ターン目の破砕に備えて、潜伏解除で顔殴るのもあり生き残れそうな子は継続もあり。禁忌の魔術師とか秘術ウィッチは苦手なカードが多いので注意が必要。

潜伏されると相手は手札の運用に困るのが、思考中の長さでわかる。超越とはまた違った相手フォロワーを処理して手札が回るタイプですよね。


盗賊の極意を引けはしなかったが、暗殺者で潜伏出し入れなどでチクチク削り。

相手のフォロワーに対しては、スペルカードでしっかり処理することでき迎えた8ターン目ニンジャアーツからのニンジャマスター!そして相手は3枚目のリノアタックも1点届かず終了。

9ターン目はね、旋風刃とニンジャアーツがあるのでエンシェントエルフを処理できてしまうんですね。しかし、手札がスペルカードだらけだったので勝てたのは運がよかった。


相手、1枚目と2枚目のリノ使い方が甘かった。こちらの潜伏フォロワーに困惑してフォロワー並べてリノも出してと…旋風刃の餌食でした。流行ってない見慣れないデッキを相手にするとプレイミスを誘えるわけです。



1ターン目をパスすることにはなるが、2T~4Tに対しては理想的な動きができる。5Tは潜伏で育成中のこちらに対して、相手は物量で攻めようと並べてくることが多いのでオーレリアが刺さる。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(週間)